今季ブランド ソプラノコカリナ-その他

今季ブランド ソプラノコカリナ-その他


商品内容

コカリナとは?
元はハンガリーの露天で売られた笛を黒坂黒太郎氏が1995年に日本でコカリナと命名して紹介しまた。その後、黒坂氏と日本の木工家によって、楽器として精度の高いものになってきました。1998年の長野オリンピックでは会場で子ども達が演奏されました。子どもでもすぐに音を出せ、簡単な曲であれば数日でマスターできます。

ソプラノコカリナ(布製ケース付)
コカリナはソプラノからバスコカリナまで様々な音域のものがありますが、最も人気があるのは「ソプラノコカリナ」です。音は「ド」から上の「レ」までの音がだせます(慣れるとシからレ#まで出せます)。長さ8cm、太さ26mmと手のひらに収まるサイズで、ヒモも附属さえているため、首にかけてどこにでも持っていくことができます。


NEWS